妻籠宿は、慶長6年(1601)。江戸幕府によって
「宿駅」が定められ、五街道の一つ中山道の
四十二番目の宿場として整備された。

明治以降宿場としての機能を失い、
衰退の一途をたどったが、昭和43年(1973)から
歴史的町並みの保存事業により、
宿場の景観が甦った。

昭和51年に、国の重要建築物群保存地区に
指定されている。

詳しくは 妻籠観光協会HPへ 移動


大きな地図で見る
   
  →観光案内TOPへ