馬籠宿(馬籠宿)は、中山道43番目の宿場町で木曽11宿の1番南の宿場町である。
   1885年(明治28年)と1915年(大正4年)の火災により、古い町並みは石畳と枡形以外消失したが、その後復元され現在の形に至る。

   石畳の両側にお土産屋が並び、商いをしていない一般の家でも当時の屋号を表札に掲げるなど、史跡の保存と現在の生活を共存させている。

   石畳の敷かれた坂に沿う宿場町とあって、馬籠峠を越えた信州側の妻籠宿と共に観光地として大変賑わいを見せている。
近年は外国人旅行客も多く、馬籠宿から妻籠宿への中山道を散策する方々も多い。

     見所:藤村記念館(島崎藤村生家跡)
     食事:五平餅、そば等