落合・神坂から富士見台へ行く途中にあります。
神坂峠の手前約3km 標高約1,100mの地点に
山からの湧き水「強清水こわしみず」。かつて、東山道を
旅した人々にとって貴重な水の補給地で石製模造品
や土器、須恵器などの出土品が、
水場を設置する時に発見されています。

現在、ここの清水は岐阜県の名水50選に指定されて
います。付近には明治から大正にかけて蚕種の
冷蔵貯蔵庫として利用されていた「風穴ふうけつ」が、
所々に見られます。

昔は、水もきれいで飲むことが出来ましたが現在では、飲まないほうがよいそうです。でも、登山の途中でこの水があることは非常にありがたいですね。手を洗うだけでもさわやかな気分になることが出来ます。

   
  →観光案内TOPへ