本陣は、参勤交代の大名や天皇家に仕えた公家
などが利用する宿泊施設。この建物は
文化年間(1804〜1816)の落合宿の大火によって
類焼した後、建て直され、明治14年(1881)に大修理
されて現在の形になりました。

門は加賀藩から火事見舞いとして寄贈されたものと
伝えられ、中には殿様の御座所になった上段の間も
残されています。現存する本陣の中で最も往時の
姿をとどめる、数々の歴史を秘めた遺産で、
市の文化財に指定されています。

参考 中津川市HP


大きな地図で見る
   
  →観光案内TOPへ